2011年02月08日

「下着盗むと快感」元鍵屋の経験悪用、無職男逮捕

マンションの一室に侵入して衣服を盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗などの疑いで、東京都板橋区南常盤台の無職の容疑者を逮捕した。容疑を認め「小遣い銭欲しさに空き巣をやった」と供述している。

容疑者が昨年9月から板橋、豊島、練馬各区で、ドア内側に特殊工具を差し込み、施錠つまみを直接開けるサムターン回しで約50件、被害総額約150万円の窃盗を重ねたとみて捜査。女性の下着や身分証明書、はがきなどを盗むことがあったといい「下着を盗むと快感があった」とも供述している。

同課によると、容疑者は都内のカギ修理業者に勤務経験があり、ドアを破る特殊工具を手作り。犯行の際は尾行を警戒し、川沿いの一本道など見通しの良い場所を電動自転車で移動していたという。

産経新聞 2月7日
posted by kagilock at 06:51| 窃盗事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

不動産管理会社社員、マスターキーを使用して下着泥棒、後を絶たない合鍵を使った空き巣

11月。女性が仙台市のアパートに帰宅し、玄関ドアを開けようとしたところ、室内からドアが押し開けられ、男が姿を現した。男は逃走使用としてベランダから落ち、110番通報で駆けつけた宮城県警が身柄を確保。男はそのまま救急車で病院に搬送されて入院したが、5日後の17日に逮捕された。

男はアパートの保守点検を装って全部屋が開けられるマスターキーを所持、
大手不動産管理会社のジャンパーを着ていた。


男の自宅から盗品とみられる家電製品や数本の合鍵、車のトランクからは約100枚の女性用下着を発見。前日の11日夜にも同市宮城野区内の女性宅に侵入し、下着1枚を盗んだとして再逮捕。2件とも起訴された。捜査関係者によると、男は、7年前から同じような手口で数十件繰り返した、と供述している。

同社広報企画室によると、男は平成2年に入社。19年4月に仙台支店お客さまサービス課主任として異動するまでは千葉県の松戸支店で勤務しており、前任地から犯行を重ねていたとみられる。

犯行現場となったアパートは約2年前にボヤが発生し、大家が全部屋の鍵を交換することにした。
同社でこれを担当したのが、物件の補修工事などを請け負うお客さまサービス課にいた被告だった。業者側からマスターキーを3本受け取り、2本を会社に渡したが、1本を手元に残したとみられる。


不動産会社の社員による合鍵を使った犯罪は全国的に後を絶たない。
合鍵の管理の在り方が最初に世間の注目を浴びたのが平成2年春、
静岡県浜松市のマンションで、女子医大生=当時(24)=が全裸状態で殺害されているのが見つかった事件。
管理会社幹部の男が会社の合鍵を複製し、犯行に及んでいた。
その後、十数人の女性が性的暴行の被害を届け出て、男の常習性も明らかになった。
女子医大生の遺族が管理会社を相手取った損害賠償請求訴訟では、静岡地裁が約1億7千万円の支払いを命じている。


また、札幌市の不動産会社営業部の20代の男は平成21年10月と22年4月に複製した合鍵で、
顧客の女性宅に侵入し、乱暴したとして逮捕。
札幌地裁判決では「仕事上の立場を悪用した犯罪で、被害者の恐怖や心の傷は容易に消えない」として、懲役6年の判決が言い渡されている。


産経新聞 1月2日
posted by kagilock at 08:49| 窃盗事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

山梨など3県で、合鍵で自販機400台荒らす−−容疑者、追送検 山梨

山梨、神奈川、埼玉の3県で約400台の自動販売機を荒らしたとして、山梨、埼玉両県警の合同捜査班は東京都青梅市の無職の男(50)をさいたま地検川越支部に送検したと発表した。

捜査班によると、昨年5月〜今年5月、3県で清涼飲料の自販機が壊されずに現金だけ盗まれる事件が多発。今年5月17日未明、埼玉県川越市の自販機を合鍵で開けて現金を盗んだ被告を、埼玉県警の捜査員が窃盗容疑で現行犯逮捕した。その後の捜査で計403カ所、約431万円の被害が確認された。
捜査班によると、被告は飲料メーカーで飲料を自販機に納めるアルバイトの経験があった。

鍵屋を営んでいた時期もあり、廃棄された自販機を利用して合鍵を作った。

毎日新聞 9月2日
posted by kagilock at 00:45| 窃盗事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする